Nft 作り方

NFTを作る際には、著作権や肖像権を侵害しないように注意しましょう。

簡単に言うと、著作権とは作品を作った人の権利です。一方の肖像権とは、作品に写っている人や描かれている人の権利です。

たとえば人物の写真を撮った場合、写真の著作権は撮影した人にあり、肖像権は写真のモデルとなった人にあります。

NFTを作るなら、どちらの権利も侵害しないことが重要です。

また、NFTにおいて特に注意したいのは二次創作です。二次創作とは他のクリエイターの作品をモチーフとして、自作のコンテンツを作ることです。

NFT市場では二次創作が流行っており、著作者自身が承諾している場合もあります。ただし、すべてのクリエイターが許可しているわけではありません

本人が承諾していない場合は訴えられる可能性もゼロではないので、安易に模倣しないように気をつけましょう。

2. コレクティブル(シリーズもの)をつくる

売れるNFTを作るなら、コレクティブルにするのも有効な方法の1つです。コレクティブルとは、簡単に言うとシリーズ化されている作品です。

シリーズものは心理的に集めたくなる人が多く、単発の作品よりも人気が出る傾向があります。

数千万円もの値が付いているCryptoPunks(クリプトパンクス)が、その代表例ですね。

また、コレクティブルは1人のユーザーがいくつも購入する場合もあるため、売上も上がりやすくなるでしょう。

3.

Nft 作り方

MetaMaskのパスワードを設定していきます。

任意のパスワードを入力欄に打ち込みましょう。使用条件を読んで同意したら「作成」をクリックして先に進んでいきます。

3-4. ウォレットの保護の動画を見る

ウォレットの保護について学べる動画が始まります。残念ながら動画は日本語ではありませんが、重要なことは右側に日本語で記載されています。

シークレットリカバリーフレーズについて必ず理解しておきたい点は次の3つです。

  • シークレットリカバリーフレーズとは、金庫のマスターキーのこと
  • 絶対に忘れないように厳重に管理する必要がある
  • 所有する仮想通貨・NFTが流出する恐れがあるので、誰にも教えてはいけない

注意事項を厳密に守るようにしましょう。

3-5. シークレットリカバリーフレーズをメモする

南京錠マークをクリックして、あなたのシークレットリカバリーフレーズを表示させましょう。メモもしくはパスワードマネージャなどで管理していきます。

動画で解説があったとおり、シークレットリカバリーフレーズは絶対に誰にも教えてはいけません。念のために複数の方法で保管しておくと安心です。

3-6. シークレットリカバリーフレーズの確認をする

シークレットリカバリーフレーズを確認していきます。メモ見ながら、同じように入力していきましょう。

下に並んだ単語から、同じ順番にクリックしていく形式です。入力が終わったら、確認ボタンをクリックします。

3-7.

Nft 作り方 opensea

初心者が最も簡単にスマホ1台でデジタルアートを作るなら、8bit painterがおすすめです。写真を読み込んでドット絵にすることができ、絵を描いたことのない人でも簡単にデジタルアートを作れます

スマホと指さえあればドット絵が完成するので、面倒なことは嫌いという方にもおすすめです。

2. IbisPaint

IbisPaintは、本格的にデジタルアートを描いてみたい方向けの高機能な無料お絵描きアプリです。

「作品のクオリティにこだわりたい」「ドット絵では物足りない」など、高度な絵を描きたい方におすすめ。

ブラシや素材の数も多く、高機能とはいえ操作もそれほど難しくありません。スマホで本格的なデジタルアートを描きたいなら、ぜひ一度使ってみてください。

3. Photoshop Express

Photoshop Expressは、有名な画像編集ソフトです。写真の加工や合成などが自在にできるツールとして多くの方に愛用されています。

有料ソフトですが無料でお試しできるので、まずは使い勝手をお試し版で確かめてみるのがおすすめ。

なお、Photoshop Expressは高機能ですが、初心者にはややわかりづらいところもあるため「手軽に描きたい」「デジタルアートを描くのが初めて」という方には不向きです。

クオリティの高いNFTアートを作りたいなら、ぜひ一度使ってみてください。

4.

Nft 作り方 アプリ

Bit Painterをインストールする

8Bit Painterは、元となる画像を読み込んでタップするだけで誰でも簡単にドット絵アートが作れるアプリです。

イチからアートを描くとなると、かなり敷居を高く感じてしまうはず。しかし、8Bit Painterなら写真素材を元に絵が描けるので、難易度はグッと下がるでしょう。

NFT初心者なら一度は試しておきたいアプリのひとつですよ。

2. 新規作成画面を選ぶ

スマホアプリを起動させたら、お気に入りの画像を読み込みます。

画面の下のほうにある + マークをタップすると、新規作成画面になります。

3. キャンバスの大きさを選ぶ

数字はマス目の数(正方形の一辺のドットの数)です。16 x 16 から 192 x 192 まで9つのサイズから選べます。

数字が大きいほど細かいドット絵が作れます。あまりドット数が多いものを選ぶと難易度が上がるため、64 x 64 から始めるのがおすすめです。

4. 画像をインポートする

方眼のマス目が表示されたら、右上の「…」マークをタップして「画像インポート」をタップしましょう。2本指でズームしたり移動させたりして、画像の好きなところだけを取り込みます。

もちろん、写真を読み込まず真っ白な画面から制作を始めることも可能ですよ。

5.

Nft 作り方 売り方

コインチェックの取引アカウントにログインしたら、左サイドバーの「日本円の入金」をクリックします。2-2. 入金方法を選ぶ

コインチェックへの入金方法は、以下の3つから選べます。

  • 銀行振込:入金手数料なし(銀行の振込手数料のみ負担)反映まで時間がかかる
  • コンビニ入金:入金手数料770円〜、即時反映
  • クイック入金:入金手数料770円〜、即時反映

基本は手数料がかからない銀行振込がおすすめです。とはいえ、仮想通貨口座に反映されるまでにタイムラグが生じるので、急いでいる場合はコンビニ入金かクイック入金を利用しましょう。

どの方法を選ぶにせよ、一度にまとめて入金するのが手数料を節約するコツですよ!

2-3. イーサリアムを購入する

日本円の入金が確認できたら、イーサリアムを購入していきます。

左サイドバーから「販売所(購入)」をクリック。暗号通貨のなかから「ETH(イーサリアム)」を選び、数量を入力しましょう。

イーサリアムを購入するときには手数料はかかりません。最低購入額は500円なので、気軽に買えるでしょう。

よく確認して間違いなければ、「購入する」ボタンをクリックして購入しましょう。

3.

Nft 作り方 写真

MetaMaskの作成を完了させる

シークレットリカバリーフレーズが正しく入力できていたら、テスト合格の画面が表示されます。

シークレットリカバリーフレーズはアカウントを守るために最も大切なので「安全に保管するためのヒント」を必ず読み、保管方法を最適化しましょう。

「すべて完了」をクリックすれば、MetaMaskの作成は完了です。

4. イーサリアムをMetaMaskに送金する

イーサリアムをMetaMaskに送金しましょう。仮想通貨取引所にMetaMaskのアドレスを入力していきます

手順は以下の通りです。

  1. MetaMaskのアドレスを確認する
  2. 暗号資産の送金を選択し「宛先を追加 / 編集」をクリックする
  3. 「新規追加」をクリックする
  4. 宛先の詳細を入力する
  5. イーサリアムを送金する

詳しく説明していきます。

4-1. MetaMaskのアドレスを確認する

MetaMaskにイーサリアムを送金するには、MetaMaskのアドレスが必要です。

アドレスは赤丸のところに記載されているので「クリップボードにコピー」を選んでおきます。

4-2.

Nft 作り方 日本

「NFTはどうやって作るの?」「NFTは誰でも作れる?」「NFTを作るのは難しそう…」

このようなことでお悩みではないでしょうか?

NFTを始めてみたいけれど、どうやって作るのかまったくイメージが湧かないという方もいるかもしれません。

結論からお伝えすると、NFTは誰でも簡単に作れます

そこで本記事では、NFTの作り方について以下の内容を解説します。

  • 作れるNFTコンテンツの種類
  • NFTの作り方
  • NFTアートの作り方とおすすめのアプリ
  • NFTアイテムやトレカを作れるゲーム
  • 売れるNFTの作り方と注意点

この記事を読むと、NFTの作り方をマスターでき、すぐに始められるようになりますよ。ぜひ参考にしてください。

簡単に作れるNFTコンテンツの4つの種類

NFTコンテンツは、やり方さえわかれば比較的簡単に作れます。

ここでは、特におすすめのNFTの種類を4つ紹介します。

  1. デジタルアート
  2. 写真
  3. ゲームアイテム・キャラクター
  4. トレカ

それぞれ説明していきますね。

1.

Nft 作り方 無料

  • 送金する通貨:ETH(イーサリアム)を選択
  • 宛先:「ラベル:アドレス」の形で表示されているので、選択肢から先ほど設定したMetaMaskのアドレスを選択
  • 送金額:Coincheckから送金するイーサリアムの金額を記入

「次へ」をクリックし、送金内容をもう一度確認して、間違いなければ送金しましょう。

イーサリアムの送金には手数料がかかり、現在は0.005ETH(日本円で約1,500円前後)必要です。送金後少し経つとMetaMaskで確認できるようになります。

イーサリアムが無事にMetaMaskに着金したら、NFT販売の事前準備は完了です!

【30分で完成】NFTアート作品の作り方7ステップ

デジタルアートは、アプリやツールを使えば、想像以上に簡単なステップで作れます。

たとえば、以下のようなドット絵は制作時間30分!

具体的には、以下の7ステップで作れます。

  1. 8Bit Painterをインストールする
  2. 新規作成画面を選ぶ
  3. キャンバスの大きさを選ぶ
  4. 画像をインポートする
  5. ドット絵を作る
  6. エクスポートする
  7. エクスポートのサイズを選ぶ

ドット絵はNFTでも高額になることのある人気ジャンルなので、ぜひ作り方を覚えておきましょう。

順に見ていきましょう。

1.

ばかりが先行してしまい、そもそも販売者側に回るという考え自体に至らないこともあるでしょう。

しかし、事実としてNFTは誰にでも作ることが可能であり、市場で価値が見出されれば大きな値がつくことも当然あり得るのです。

デジタルコンテンツをNFTにする

デジタルコンテンツをNFTにする行為を通称NFT化と市場では呼んでおり、これは初心者にとって最も理解しにくいポイントの1つといえるでしょう。しかし、複雑なイメージを持つ必要はなく、以下のような認識を持っておけば問題なく販売することができます。

NFT化=自身が保有、あるいは作成したデジタルコンテンツをNFTに変換すること

また、実際の作業もNFTマーケットプレイスのシステムを利用すれば簡単に済みますので、プログラミングや仮想通貨の知識がなくてもほとんど支障はありません。

NFTにできるデータとは!?

ここではNFT化できるデータについて解説していきますので、自身に販売できそうなものを探していきましょう。

・アート作品(イラスト、VRアート等)・オンラインゲームのゲーム内アイテム(武器やアバター、キャラクタースキン等)・音楽・トレーディングカード・不動産等の現物資産・バーチャルファッション・VR内における権利性を持った土地・動画・ツイートの画面

その他にもまだ未開拓のジャンルがあるかもしれませんので、自身がパイオニアになれるようなアイテムを創造していきましょう。

具体的なNFTの作り方

次は具体的なNFTの作り方の代表例を見ていきましょう。現在はシステムもより利便性が向上しており、誰でも簡単な作業でデジタルコンテンツをNFT化することができます。

1.

色を選びながら、タップして色付けしていきましょう。細かいところはピンチして拡大すれば、タップしやすくなります。

タブレット・ペンシルが使用できる場合は、もっと細かい作業も楽になるでしょう。

とはいえ、スマホだけしか使っていないにも関わらず、5分程度で仕上げられました!

6. エクスポートする

ドット絵ができたら、エクスポートします。

右上の「…」をタップし、一番下の「シェア&エクスポート」をタップします。

7. エクスポートのサイズを選ぶ

エクスポートのサイズは、768px、384px、48pxの3つのサイズから選べます。容量が許すのであれば、できるだけおおきなサイズを選択するのがおすすめです。

好みのサイズのものをエクスポート(ダウンロード)しましょう。

エクスポート(ダウンロード)したドット絵がこちらです。

もっと時間をかけて丁寧にやると、さらにきれいなドット絵ができあがります。早速作ってみてくださいね!

【初心者向け】NFTアート作品の完成度がアップする魔法のツール5選

NFTアートの元となるデジタルアートは、アプリなどツールをうまく使うことで初心者でも簡単に作ることができます

NFTアート作品を作るときに使えるツールを5つ紹介します。

  1. 8bit painter
  2. IbisPaint
  3. Photoshop Express
  4. CLIP STUDIO PAINT
  5. Illustrator

詳しく説明していきます。

1.

The Sandboxのアイテムやキャラクターは、ゲーム内で収集するだけでなく無料で作ることができます。さらに、作ったアイテムをNFTマーケットプレイスで売却することも可能。

土地やアイテムの売買は、マーケットプレイスの「Coincheck NFT(β版)」で取り扱いがあります。過去に出品された際には数分で売り切れたほどの人気です。

2. Decentraland

Decentraland(ディセントラランド)は、イーサリアムのプラットフォーム上でプレイするVRゲームです。

3D空間の中で使う土地やアイテムを売買でき、仮想通貨のMANAを使ってやり取りを行います。

3. CryptoSpells

CryptoSpells(クリプトスペルズ)はNFTトレカを使って対戦するゲームです。戦うことでトレカを獲得し、増やしていけます。

さらに、既製品のカードを得るだけでなく、自分のオリジナルカードを作れるのもCryptoSpellsの特徴です。

獲得したカードは、NFTマーケットプレイスでも売買が可能です。国内なら「Coincheck NFT(β版)」で取り扱いがあり、イーサリアムで購入・売却ができます。

売れるNFTの作り方と3つの注意点

売れるNFTを作るには、作成方法のほかにも意識するべきポイントが3つあります。

  1. 著作権や肖像権を侵害しない
  2. コレクティブル(シリーズもの)をつくる
  3. Twitterを活用して宣伝する

ひとつずつ説明していきますね。

1.

Leave a Reply

Your email address will not be published.